プロペシアの歴史 | AGA治療で人気のプロペシアの口コミを集めました

AGA治療で人気のプロペシアの口コミを集めました

プロペシアの歴史


フィナステリドは、1991年にアメリカのメルク社によって前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として開発が始まりました。

1992年にフィナステリドは、前立腺肥大や前立腺癌の治療薬としてプロスカーの名前で認可された成分です。

臨床実験を繰り返すうちに、多数の患者から副作用として、髪の毛が増えた、抜毛が減ったなどの報告があり、脱毛症への効果が認められたためにAGA(男性型脱毛症)治療薬として本格的に研究がすすめられてきました。

アメリカのFDA(食品医薬品局)は1997年12月22日にフィナステリドをAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可しました。

日本では、1年間の臨床試験を終え、2005年10月に厚生労働省に承認され、2005年12月に米メルク社の日本法人、MSD社(旧万有製薬)から発売されました。

2006年現在では世界60か国以上で承認・使用されています。

但し、日本では前立腺肥大症治療薬としては認可されていません。

最近の調査では、プロペシアを服用することで、AGA(男性型脱毛症)患者の殆んどの方がAGAの進行が止まるなどの改善がみられています。

top